北九州市 若松区 サンリブ深町のケイズ歯科クリニック・深町です。 北九州市 若松区の 歯周病 虫歯 小児 予防 口臭治療 プチ矯正は当歯科医院へ

093-701-5108

マタニティ歯科について

ケイズ歯科クリニックでは、妊婦さんの予防検診に力を入れています。特に妊娠初期は、つわりの時期とも重なり、歯ブラシを口に入れるのもつらい方もいらっしゃるようですが、妊娠中こそ歯医者に通った方が良いという事をご存知でしたか?

妊娠中の女性ホルモンが与える影響

妊娠中というのは女性ホルモンのバランスが通常時とは全く違います。エストロゲンという女性ホルモンの増加などにより、歯周病になりやすくなります。そして、歯周病になると、陣痛を起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、早産の可能性が高くなるのです。

大切なお子様のマイナス一歳からの虫歯予防

大切なお子様の乳歯の形成は、実は胎生期7週目から始まっています。乳幼児の健康な口腔内環境を確保するためにはマイナス一歳からの虫歯予防が大切なのです。 生まれてくるお子様の為に生活習慣は気を付けているかもしれませんが、口腔内環境はどうでしょう?
妊娠中だからといって、治療ができないことはありません。妊娠中だからこそ歯科検診へ行きましょう。

妊娠中の患者様へ

ケイズ歯科クリニックではマタニティ歯科にも力を入れております。レントゲン撮影や飲み薬等は胎児に与える影響が心配されます。しかし、妊娠初期の頃はお腹も大きくありませんので、こちらから妊娠に気付くのが遅れる可能性があります。妊娠が分かったらすぐに当クリニックにもお知らせ下さい。

日が進み、お腹が大きくなってくると、仰向けの姿勢や同じ姿勢の維持が苦しい場合があります。そんな時は遠慮なくお申し付けください、休憩を取りつつ診療させていただきます。

そして、産後になると、育児疲れや子どもの預け先がないなどの理由から、治療を放置してしまって症状を悪化させてしまうおそれがあります。 可能な限り出産前に治療を完了させるよう努力させていただきますので、出産予定日も妊娠のご報告と合わせてお知らせください。