北九州市 若松区 サンリブ深町のケイズ歯科クリニック・深町です。 北九州市 若松区の 歯周病 虫歯 小児 予防 口臭治療 プチ矯正は当歯科医院へ

093-701-5108

現在日本では、成人の80%以上が歯周病であると言われており、最近では糖尿病や高血圧同様生活習慣病に位置づけられています。 不規則な生活、ストレス、糖尿病、喫煙等により、歯周病がより悪化することがわかってきており、ほかの生活習慣病同様、初期のうちには全く自覚症状がなく進行するため、ご自身では気付きにくいというのが特徴で、症状が現れたころにはかなりひどい状態になっていることがあります。

歯周病とは?

歯周病とは、歯の表面に付着したプラーク(細菌の塊)が歯と歯ぐきの隙間にまで進行し、歯ぐきの炎症(腫れや出血)・歯石の発生が起こり、歯の根っこにまで進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)まが溶けてしまい歯を支えることができなくなり、最終的には歯が抜けてしまうという病気です。
近年では歯を失う原因は虫歯よりも歯周病の方が多いと言われています。

歯周病の進行

※歯周病(初期):初期の歯周病を歯肉炎と言い、少し歯ぐきの色が変わる程度の症状しかありません。

※歯周病(中期):中期は軽度の歯周炎と言い、歯ぐきの腫れや歯磨きの際の出血という自覚症状と口臭が発生し始めます。

※歯周病(後期):後期は中度の歯周炎と言い、歯ぐきが下がり始め、少し歯が動揺し、口臭も強くなり、物を噛むと痛みが発生します。

※歯周病(末期):末期は重度の歯周炎と言い、歯の根っこの部分も露出し、激しく歯が動揺します。激しい口臭も発生し、物を噛むのが困難になってきます。この段階まで来てしまうと歯を残す事が難しくなってきます。

歯周病治療へのこだわり

ケイズ歯科クリニックでは、歯周病の治療に力を入れています。
歯周病は歯周病菌が原因で起こる感染症です。
歯垢を取って顕微鏡で調べると、ニョロニョロと動くものが見えますが、これが歯周病菌です。
歯周病治療は、歯周病菌をしっかり取り除くことがカギになります。

歯石除去、ブラッシング指導、ルートプレーニング(歯周ポケット内部の歯石除去)などを丁寧に行っていきます。ケイズ歯科クリニックでは、ブラッシング指導の1つとして「つまようじ法」という特殊な磨き方を指導しております。「つまようじ法」とは、文字通り「爪楊枝」を使うように磨くブラッシング法で、磨き残しが発生しやすい歯と歯の間をきれいにするのに適したブラッシング法です。弱りがちな歯と歯の間の歯ぐきへのマッサージ効果もあり、健康で衛生的なお口の状態を維持することができ、特に歯周病予防に効果が期待できます。

そして治療後は、定期的なメンテナンスが必要です。歯周病を放置しておくと、歯を失う原因となってしまいます。プロのお手入れを積極的に取り入れて、いつまでもご自身の歯を健康的に保っていただけたらと思います。