北九州市 若松区 サンリブ深町のケイズ歯科クリニック・深町です。 北九州市 若松区の 歯周病 虫歯 小児 予防 口臭治療 プチ矯正は当歯科医院へ

093-701-5108



つらくない矯正で整った顔立ちを手に入れましょう

歯並びが悪くなってしまう原因は、遺伝・食生活・頬杖・あごの骨の発育不良などさまざまな要因が複雑に絡み合っています。あごの骨の成長が完了する14~17歳ごろまでに、歯並びとかみ合わせを正しく整えてあげることで、目鼻立ちが決まり、バランスの取れたお顔を手に入れることができます。

当クリニックではメカニカルな矯正治療のほか、ご家庭でできる生活習慣改善のアドバイスも併せて行っております。

当クリニックで行う歯科矯正の種類について

当クリニックでは、できるだけ歯を抜かない「床矯正」という方法をおすすめしています。

日本でこれまで行われてきた方法は、抜歯して歯が並ぶスペースをつくるというもの。

それに対して、床矯正では、あごの骨を正しい大きさに広げてあげることで、きれいに歯が並ぶスペースをつくっていきます。成長期の子どもの永久歯を抜いてしまうと、あごの骨がさらに委縮し、お顔立ちにも影響を及ぼしてしまいます。床矯正は、子どもの一生を考えるといちばん理想的な治療方法といえるでしょう。

子どもの矯正治療の適齢期について

子どもの歯並びについて悩みをお持ちのお母さまは、平均で5院ほど歯科医を回り、矯正治療を検討されるそうです。
「矯正装置が目立って、子どもが嫌な思いをするのでは?」
「子どもの体に負担がかからない方法は?」
「費用や期間はどれくらいだろう?」
「始めるタイミングはいつがいいだろう?」
などなど、わが子にとってのベストな選択肢を探されます。

当クリニックでは、4歳ごろからの対応も可能ですが、おすすめしているのは永久歯が生え始める6歳くらいにスタートし、犬歯が永久歯に生え変わる10歳までに治療が完了するというプランです。

このプランですと、使用する器具も治療期間も費用も少なくてすみます。また、第二次成長期前ですので、大人の指示にも素直に従ってくれるため、スムーズに治療が進むというメリットもあります。

もちろんそれ以降も矯正治療は可能ですが、器具や期間も変わってきます。

お子様の歯並びが気になったら、できるだけ早めのご相談をおすすめいたします。